クレジットカードをよく分らずに作ってしまった…クレジットカードの最低限の知識!

よく分らずに作ってしまった方へ。クレジットカードの最低限の知識!

クレジットカード,分からない,知識

 

様々なクレジットカードが世の中にある今、

 

分らぬままにクレジットカードを作ってしまった・・・。

 

 

これからクレジットカードを作ろうと思うけど、

 

何がいいのか、分からない方。

 

 

 

ネットにあふれる情報がありすぎて、

 

困惑している人たちにむけて、

 

最低限押さえておきたいクレジットカードを、

 

厳選して紹介していきますので、

 

見直し、検討してみてはいかがでしょうか!?

 

 

 

〜目次(クリックして気になる項目に飛びます。)〜

 

 

 

はじめに…なぜクレジットカードの勧め??

クレジットカード,分からない,知識

 

 

はじめに、なぜクレジットカードををお店側(加盟店)も

 

積極的にカードを作ることを勧めていくのか説明していきましょう!

 

 

 

〜お店(加盟店)へのクレジットカード作成のメリット〜

例えば、デパート、ガソリンスタンドを例に挙げていきましょう。

 

 

  • お店のクレジットカード・・・デパートだと(高島屋や三越) 
  •  

  • ガソリンスタンドだと(ENEOSや宇佐美など)

 

 

 

お店クレジットカードを作ってもらうことにより、 

 

顧客はそのカードで買い物すると、

 

お店のポイントなどが

 

「他のカードを使うよりもメリットがありますよ!」

 

ということで、クレジットカードを勧められます。

 

 

 

 

そのお店のクレジットカードを作ればそこで買えば、

 

「カードを作ったお店(加盟店)で買い物すれば、、

 

ポイントもそのお店のカードでより多くポイントがたまるし、

 

顧客側としても一石二鳥!」

 

 

 


「お店側としても、カードを発行することにより、

 

そのお店(加盟店)を定期的に使えてもらい、

 

長期顧客になるし一石二鳥!」

 

このような顧客とお店、メリットがあります。
いわばwin-winの関係ですね。

 

 

 

 

総額100万円プレゼントキャンペーン

 

 

 

 

〜しかし、お店(加盟店)はカード会社に手数料を支払っている!〜

カードを発行を勧める、ということは、

 

お店(加盟店)にとってはデメリットな部分もあります。

 

 

 

 

なので、チェーン店ではない、個人事業店などは、

 

やはりその手数料を払うのが厳しい!ということもあり、

 

カードが使えるお店、使えないお店というのも存在してくるわけです。

 

 

 

 

そうでもしてお店がカード発行を勧める理由はそういった目的が第1にあるでしょう。
(もちろん他にも理由はあるかもしれませんが。)

 

 

 

ドコモ口座キャッシュゲットモール

 

カードを作る前の最低限の知識。 

クレジットカード,分からない,知識

 

 

 

上記の画像をみたことはないですか?

 

クレジットカードの右下に書かれているマークです!

 

 

 

 

このマークは何?何が違うの?

 

と疑問に思われる方もいることでしょう。

 

 

 

 

このマークは5大国際ブランドとよばれ、

 

決済カードブランドです。

 

 

 

 

つまり、この5大ブランドがカードで、

 

支払いする際の決済をおこない、

 

世の中に多く出回っている、

 

決済機能付きのカードこそが=クレジットカードということなのです。

 

 

 

 

なので、右下のマークは決済機能を提供している会社であり、

 

その会社にお店(加盟店)は手数料を支払うシステムになっています。

 

そして、お店(加盟店)は発行するカードに、

 

様々なポイントやサービスを顧客に提供しています。

 

総額100万円プレゼントキャンペーン

 

 

 

 

どの決済ブランドがいいの?? 

クレジットカード,分からない,知識

 

 

右下のマークが決済をおこなっている会社というのは、

 

わかってくれたかなとおもいます。

 

では何が違くてなにがいいのか?説明していきましょう!

 

 

 

 

〜5つの国際ブランド〜

  • VISA
  • JCB
  • Master Card
  • アメリカンエクスプレス
  • ダイナーズ

とありますが、カード初心者、がというテーマなので、

 

日本で主要で使われているのが、

 

VISA、JCB、Master Cardの3つです!

 

 

 

 

この違いを中心に説明していきましょう!

 

 

総額100万円プレゼントキャンペーン

 

 

 

選んで間違いない決済ブランドは、圧倒的シェアのVISA!

 

なぜ、間違いなのか。

 

その理由は圧倒的な世界シェアがNO.1ということ!

 

世界シェアがNO.1ということは国内外問わず、

 

圧倒的なシェアを活かし、

 

VISAの加盟店が他の国際ブランドと比べて圧倒的に多いということです。

 

 

 

 


加盟店が多いという意味は、ほかの国際ブランド、

 

「例えばクレジット決済手続きはそのお店は行っているが、

 

JCBとの決済業務は結んでないので

 

JCBでのクレジットカード取引はできません。」

 

 

 

というもの。

 

 

 

VISAには

 

「クレジット支払い可とあれば、

 

VISA発行のクレジットカードが断られる、

 

ということはまずないといってもいいとおもいます。」

 

 

 

 

つまりそれくらいの圧倒的なシェア数を誇っているのです。

 

なのでVISAの決済カードブランドを選んでおけばまず間違いはないです。

 

 

 

貯まったポイントは楽天市場で1ポイント1円として使える!

 

 

Master Cardは国内で使う分にはVISAと違いはほぼない。

 

 

 

 

次にMaster Cardですが、

 

国内で使う分にはVISAとほぼ遜色はないです。

 

VISAが使えてMaster Cardの支払いは行っていないというものは、

 

なかなか聞いたことがないからです。

 

 

 

 

ただあなたが、海外旅行にいく為に(もちろん渡航先にもよりますが)

 

クレジットカードの発行を考えている場合。

 

その時はVISAと比べると、

 

使えないお店が増える可能性もありますので、

 

その場合は注意が必要です。

 

 

 

 

シェア数は劣るが、日本の国際ブランドであるJCB!!

 

JCBはVISA、Master Cardと比べると、

 

シェアは海外でのシェアは劣ります。

 

ただ日本発行の決済ブランド7ということで

 

国内でのシェアは高いので、

 

日本で使う分には大きく問題はありません。

 

 

 

 

海外でも、アジア諸国や、ハワイなど日本からの、

 

人気の観光地であれば基本的は使えます。

 

2つと比較すると、やはり使えるところは減ってしまうという印象です。

 

 

 

 

また、JCB発行の決済ブランドは、2つのブランドに比べ、

 

お店の加盟店が支払う手数料が高いため、

 

国内でもVISA、Master Cardは使えるが、

 

JCBは取り扱っていませんというお店も少なくありません。

 

 

 

 

ただこのデメリットがあっても、国内発行ブランド、

 

また日本ならではの独自のシステム(ディズニーと提携してる)など、

 

還元面でのメリットは受けられます。

 

楽天市場のお買い物でポイント2倍お得なカード!

 

 

 

 

決済ブランドを比較してみての結論! 

クレジットカード,分からない,知識

 

3つを比較してみていかがでしょうか?

 

  • やはり安定なのは世界通貨、とも謡っているVISAでしょうか?
  • はたまた、安定しているMaster Cardでしょうか?
  • それとも国内ブランドのJCBでしょうか?

 

 

 

 

ちなみに私は、日本ブランドである、

 

JCBをメインカードとして使っています。

 

ただ、VISA発行のカードをサブカードとしても所有しています。

 

 

 

 

JCBが使えないお店。
(正直大手チェーンならほぼ使えるので困ったことはないです。

 

JCBカードがだめなら、

 

VISAカードでお会計するというやり方をとっています。

 

 

 

もちろん使い方は人それぞれなので、

 

1つのメインカードをもち、サブカードも1枚保有する。

 

というのが、おすすめです。

 

 

 

 

カードの作りすぎ、は絶対にお勧めしません。

 

では、次にいよいよ、クレジットカードの選び方 について解説していきましょう!

 

 

総額100万円プレゼントキャンペーン

 

 

 

 

クレジットを選ぶうえでの外せない3つのポイント! 

クレジットカード,分からない,知識

 

クレジットカードを選ぶうえでなにを基準に選べばいのか悩むと思います。

 

 

その中で押さえておきたいポイントを3つ

  • ポイント還元率
  • 用途
  • 年会費

について挙げていきましょう!

 

貯まったポイントは楽天市場で1ポイント1円として使える!

 

 

  • ポイント還元率について

  •  

    クレジットカードのメリットについて、

     

    支払いを後払いにできるというメリットももちろんありますが、

     

    現在、クレジットカードの支払いの最大のメリットにといえば、

     

    ポイントでしょう!

     

     

     

    「塵も積もれば山なる。」

     

    という言葉がある通り、

     

    例えば、毎月の支払の固定費(公共料金の支払い、携帯料金等)

     

    クレジットで支払いをすれば、

     

     

     

     

    月に2万円と考えて、年間×12で24万円、還元率が1%のカードであれば、

     

    年間2400円分のポイント分が返ってきます!

     

     

     

    あくまで、カードの一例であり、

     

    今回は1ポイント、一円の例で挙げています。

     

     

     

    この内容だけ聞くだけでも、

     

    現在のカードの見直しや新しく発行してみようとは思いませんか?

     

     

     

     

    ポイントの還元率については各発行会社によって違います。

     

    目安としては、今であれば、0.5%つけば平均で、

     

    無条件に1.0%つくと還元率は良いほう。

     

    また契約してからの数か月は1.5%〜2.0%といった、

     

    サービスも発行会社によってはおこなっています。

     

     

     

     

    さらに、特定のお店でクレジット支払いで買い物すれば、

     

    ポイントが2倍などもおこなっています。

     

    なので、ポイント還元率を重視して探すことは、

     

    カード作りでは大事になっていくポイントです!

     

     

     

    楽天市場のお買い物でポイント2倍お得なカード!

     

     

    自分のお金を使う主な用途、場所はどこが多いのかを考える!

     

    あなたは主婦ですか?学生ですか?社会人ですか?

     

    人の生活は多種多様で、

     

    お金を使う用途やどこで買い物するのかは人によって違います。

     

    なので、あなたがよく使うお店、

     

    自分に合うカード選びをすることが大切です!

     

     

     

     

     

    なぜ自分に合うカード選びがいいのか?

     

     

    〜主婦の方〜

     

    毎日お買い物をするであろう食材購入で、

     

    スーパーに足を運ぶことが多いと思います。

     

     

     

     

    そうであれば、そのよく行くスーパーが発行している、

     

    カードを作るのがベストでしょう!

     

    そのスーパー(例えばイオン)でクレジットカードで支払いをする。

     

     

     

     

    あくまでも一例ですが、イオンカードの場合。

     

    クレジットカードのポイントが付くほかに、

     

    イオン独自のときめきポイントも一緒につきます。

     

    いわばポイントの2重どりをしているわけなのです!

     

     

     

     

    〜学生や社会人〜

     

    ネットショッピングが多いのであれば、

     

    楽天カードなどを作れば、さらにポイントが追加で付与される。

     

     

    楽天市場のお買い物でポイント2倍お得なカード!

     

     

     

     

    外食が多い、コンビニをよく使うなどあれば、

     

    特定のコンビニで買い物すれば還元率が上がったりと、

     

    自分に合った使用頻度の高いお店のカードを作ることで、

     

    さらなる恩恵が生まれるのです!

     

     

    クレジットカード,分からない,知識

     

     

     

     

    ただ、それでも自分の用途がよくわからない…。

     

    というかたも見えると思います。

     

    共通して言えることは、月に必ずかかる固定費に関しては、

     

    クレジットカードで支払うことを強くお勧めします。

     

     

     

     

    ポイントのみが目的ならば、年会費のかかるクレジットカードを選ぶ必要はない!

     

    年会費がかかるカードはその分ポイントなど、

     

    メリットが大きいの?等の疑問ですが、

     

     

    答えはNOです。

     

     

    年会費がかからなくても、

     

    ポイントだけ気にする方であれば、

     

    なにも心配しなくて大丈夫です。

     

     

     

    不思議なことに、

     

    年会費を払うグレードの高いカード(ゴールドカード等)のほうが、

     

    ポイントの還元が少ない場合もあります。

     

     

     

     

    ただクレジットカード=ステータスというものもあり、

     

    また、海外での保険の補償や空港ラウンジの使用。

     

    などグレードの高いカードに付与されていきます。

     

     

     

     

    年会費がかかってそのサービスの提供を受けたり、

     

    クレジットカードによるステータス(いわばその人の信頼)

     

    になったりもクレジットカードは役割を果たしてくれるので、

     

    年会費がかかるカードもあるということです。

     

     

     

     

    なのでクレジットカード初心者は年会費がかからないもの選んで大丈夫です!

     

     

     

     

    楽天カードは24時間パソコン・スマホでカンタン申し込み!

     

     

    クレジットカードの基本知識をおさらい! 

    クレジットカード,分からない,知識

     

    今回、クレジットカードの基本知識について、

     

    長々と、説明させていただきました。

     

     

     

     

    クレジットカードとはなにか?

     

    などはこのページを見ていただき、

     

    分かっていただけたのではないかと思います。

     

     

     

     

    私も、カードを作る際、独学で勉強し、

     

    なにが、良いカードなのか、

     

    私視点で、またこのサイト上にて、

     

     

     

     

    ページを更新していきますので、

     

    是非、このページで、

     

    カードの知識を少し、学んでいただいた後に、

     

    あなたに合うお勧めのカードを、

     

    選んでいただけたらなと思います!

     

     

     

    総額100万円プレゼントキャンペーン

    このエントリーをはてなブックマークに追加

     
    トップページ 最新記事へ 最新blogへ お問い合わせ