売り手市場の就活生必見!ネットを最大限活用したリアルタイムな就活情報を収集できる?

売り手市場の就活生必見!ネットを活用したリアルタイムな情報を!

売り手市場の就活生必見!ネットを最大限活用したリアルタイムな就活情報を収集できる?

 

リーマンショック以降、就職氷河期時代といわれ続けてきた昨今。

 

景気が回復している現在(2018年)企業側は人手不足に陥り、

 

会社の景気は”アベノミクス”効果でなかなか実感はできないものの、

 

現在の状況は完全に売り手市場(会社を選ぶ側)になっているのは事実です。

 

 

 

 

しかし、売り手市場といえども企業側は優秀な人材がほしい!

 

とおもうのが当たり前で、その好景気に伴って企業側は人手不足ですが、

 

優良企業が優秀な人材を欲していることは間違いありません。

 

 

 

 

そこで、新卒の方、また転職を考えている方。

 

こうした好景気の波に乗り、その売り手市場の状況下で、

 

いかに情報を収集して企業選びをするか?

 

 

 

 

売り手市場の現在、会社を吟味できる環境にあります!

 

そこで、その売り手市場の波に乗っかるために、

 

効率よく企業の情報を収集できる。

 

もしくは、効率よく説明会に参加できる手段を、

 

このサイトよりお勧めしていこうと思いますので、

 

是非参考にしてみてください!

 

 

就活ノート

 

 

 

目次(クリックして気になるページに飛びます。)

 

 

ねっとで合説

 

 

情報収集に差をつけ企業を吟味することができる「就活ノート」とは? 

 

売り手市場の就活生必見!ネットを最大限活用したリアルタイムな就活情報を収集できる?

 

今回紹介させていただくのは、

 

「就活ノート」と呼ばれる、

 

就職活動中の就活生が実際に作る、リアルな就活情報。

 

選考レポートをもとにそれをネット上のノートとして、

 

公開しているものです。

 

 

 

〜就活ノート〜

  • 企業分析。
  • 選考レポート。
  • 履歴書の書き方。
  • エントリーシートの書き方。
  • 選考レポート。

 

 

就職活動で必要な情報をリアルな就活生の意見から得られるため、

 

非常に有利に選考を進めることができます!

 

つまり、事前に相手の情報を分析する(悪く言えば敵を知る。)

 

この事前に詳しい分析をできることで、

 

あなたの実力以上の企業に、

 

挑むことができるのです。

 

 

 

 

就活ノート

 

 

 

 

「就活ノート」を活用すると・・・。

優位な企業分析

 

 

企業分析の情報収集により、選考通過を優位に。

 

 

また就活のプロが面接対策等を詳しく解説。

 

このような情報を「就活ノート」では得られることができます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

新しい合同説明会?ねっとで合説とは?

 

売り手市場の就活生必見!ネットを最大限活用したリアルタイムな就活情報を収集できる?

 

 

 

動画を使った新しい合同説明会とはなにか?

 

 

 

 

正直私が就職活動をしていたころはまだ、

 

スマートフォンが普及をようやくしかけたところで、

 

このようなサービスはなかったと思います。

 

 

 

 

しかし時代は移り変わり、特に合同説明会では、

 

「様々な業種に興味があり、数多く見てみたい!」というかたに、

 

お勧めの説明会ですが、足を運ぶのは非常に手間で、

 

人気のある企業であれば場所なども窮屈です。

 

 

 

 

 

新しい合同説明会の形はこういったわずらわしさを撤去し、

 

時間の効率化を図ることが可能です。

 

 

 

 

 

しかしながら日本の企業に関してはまだ、

 

このようなサービスは、消極的な部分も多く、

 

ほかの企業掲載がされている情報よりも、

 

数は少ないと思いますが、

 

スマホで、自宅でできるサービスであるため、

 

一度動画で就職活動ができる新しい就活の形【ねっとで合説】を検索してみてください。

 

あなたが興味のなかった業種などが簡単にみられるいい機会になるのではないかと思います。

 

 

 

ねっとで合説

 

 

 

 

就活、転職に対しての管理人よりのアドバイス?

 

売り手市場の就活生必見!ネットを最大限活用したリアルタイムな就活情報を収集できる?

 

私自身も就職活動の経験者として、

 

少しだけアドバイスさせていただこうと思います。

 

参考になるかは分かりませんが・・。

 

 

今回、なぜ「就活ノート」を勧めたのか?その理由は?

 

 

 

私自身が勧めた理由としては2つあります。

 

 

  • 徹底した企業分析を行うことで自分の自信につながる!
  • 選んだ就職先を単純に後悔してほしくない!

 

 

 

1つめ自分の自信につながる!

 

とはどうゆうことなのか?

 

多分、企業の面接に行くと感じることは多いと思いますが、

 

私自身あまり資格もなく、

 

人よりもここに自信がある!と思うことが特にないです。笑

 

もちろん自己PRもあるので無理やり考えますが・・・。笑

 

 

 

 

 

集団面接やグループディスカッションなどを行うさい、

 

自分より優れた人。とつい比べてしまいがちで、

 

その自分の未熟さから、

 

特に就職活動初期は感じてしまいがちで、

 

自信を無くしてしまいます。

 

 

 

 

 

もちろん、面接官等がどう判断するかは分かりませんが、

 

しかし、私の持論として、

 

やはり面接等でネガティブになったり、

 

自信をもって話せなかったり。

 

というのはなかなか有利に働きません。

 

 

 

 

 

なので、就活ノートで得られる、企業分析の知識や面接の心得。

 

などは、事前に情報収集、準備をすることで、

 

自分自身の自信につながり、

 

それが選考が進む過程で必ず優位に働くと思うからです!

 

これが、就活ノートを活用する1つめの理由です。

 

 

 

 

売り手市場の就活生必見!ネットを最大限活用したリアルタイムな就活情報を収集できる?

 

 

 

2つめに自分自身の選んだ就職先を後悔してほしくない!です。

 

正直、入社してみないとわからないことがほとんどな部分も強いと思います。

 

企業研究をした結果、自分にはやっぱりむかない・・。

 

こういったケースもあるはずです。

 

 

 

 

 

ただ、せっかくの売り手市場で、

 

様々な媒体から会社情報が得られる現代社会で、

 

その情報収集を怠ってしまって、

 

自分の理想とのギャップを強く感じてしまった。

 

とはなってほしくないため、【就活ノート】【ねっとで合説】

 

この媒体を活用してほしいと感じています。

 

 

 

以上が情報収集がいかに大切かというのが私の中の考えであるので、

 

是非参考になればしていただけたらなと思います!

 

 

 

就活ノート

 

 

 

まとめ。

 

売り手市場の就活生必見!ネットを最大限活用したリアルタイムな就活情報を収集できる?

 

以上今回は【就活ノート】と【ねっとで合説】についてお勧めしていきましたが、

 

最終的に内定を勝ち取るのはあなた自身です!

 

私が最後に言いたいことは、

 

 

 

 

売り手市場の現在、

 

情報収集を怠らずに、

 

駆使できる媒体は、

 

すべて駆使して、自分自身の実力以上の優良企業に内定を勝ち取ってほしい!

 

と思っています!

 

 

 

 

なので、情報収集をおこない事前準備をし、自分自身に自信をつける。

 

これが、内定を勝ち取る方法として大切なのではないか?

 

と私は思っています!

 

以上になりますが、最後までお読みいただきありがとうございました売り手市場の就活生必見!ネットを最大限活用したリアルタイムな就活情報を収集できる?

 

 

 

 

就活ノート

 

 

 

 

 

まかろんお勧め記事。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

第一印象をよりよくするために!きれいな歯はあなたの印象が大きく変わる?
第一印象をよりよくみせるために。黄ばんだ歯。 コンプレックスとして悩んでいるあなたに。 市販で売られているホワイトニングケアを試したもののあまり効果が出なかった。しかし歯医者さんに行くほどのお金はない。でも歯は白くなりたい。という方へ。是非、最後の砦と考えお試しください。
将来の副業、自己投資!長期目線で手間いらず!太陽光発電は”投資”で最も始めやすい!
仮装通貨、FX、株。など、投資して利益を上げる。 この専業をしつつ副業でお金を稼ぐ。という時代が、現代社会では、先行きが見えない将来の中で、活発的に行われる世の中になってきました。 しかし、株式投資など、難しくてよくわからない。リスクは管理が難しいなど、チャレンジできない方。見えると思いますが、そこで太陽光発電による、長期的な自己投資!で日々の暮らしを勉強、時間をかけずに利益を出す方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 
トップページ 最新記事へ 最新blogへ お問い合わせ